光への回帰、その記録

根源の光としての自分を綴る